シニア世代になると急に骨の密度が低下し、予期せぬ骨折や骨粗しょう症などの症状が現れやすくなります。
「年を取れば骨がもろくなるのだから仕方ない」とあきらめている方も多いかもしれませんが、若いうちから健康食品などによってカルシウムを効率よく摂取していくことにより、年齢を重ねても強く密度の濃い骨を形づくることができます。

老後も折れにくい骨をつくるうえでおすすめのアイテムが黒酢サプリです。
「お酢が骨を強くしてくれるの?」と意外に思われるかもしれませんが、お酢はカルシウム(Ca)の吸収率を高めてくれる効果があると考えられており、普通の食事や薬剤からCaを摂取するよりもはるかに効率よく骨の増強作用を強めることができるとされています。

一般的に誤解されていることですが、Caはそれ単体では体内での吸収効率が非常に悪く、Caの王様といわれる牛乳でさえ、摂取した分のおよそ40%しか体内に取り入れられないと考えられています。
シニア世代になると急激に骨が劣化していくのは吸収効率がよりいっそう悪くなるためで、若い頃と同じ量のCaを摂取していてもその多くが体内で利用されないまま終わってしまい、結果として骨がどんどんもろくなっていきます。

黒酢サプリにはCaの吸収を促進してくれる効果があり、牛乳や野菜を食事から毎日摂るよりもはるかに効率よくスピーディにCaの成分を体内に取り込むことができ、シニア世代になっても強く折れにくい骨をつくることができます。

ただ、いくら吸収効率が高まるといっても飲んだその日から効果を発揮する、というわけではないため、今現在すでに骨粗しょう症の傾向がある方は健康食品にのみ頼るのではなく、活性型ビタミンD3製剤や女性ホルモン製剤など、専門医から処方される薬を併用しつつ骨の強度を補い、転倒による骨折をふせぐ必要があります。

お酢ドリンクの効果を最大限に高めるためには、働き盛りの若いうちからCaを継続的に摂取しつづけることが重要であり、なおかつ、吸収効率を考えた食べ合わせ、飲み合わせを心がけることによって年齢を重ねても元気に歩ける強い足腰を手に入れることができます。

食事はもちろんのこと、毎日の運動も大切な要素で、仕事帰りにタクシーや電車に乗るのではなく、ひと駅分やふた駅分、無理のない範囲で歩く習慣をつけておくことで仕事をリタイアしても急激に骨が劣化することはなく、第2の人生をより生き生きとすごすことができます。
黒酢の効果と効能 新陳代謝アップで血流改善・冷え性改善・肥満予防はこちら